【Googleアナリティクス】Googleタグマネージャーを使って、Webページ内のリンクがどれぐらいクリックされたか測定する方法

Google Analytics

GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャーを使う事によって、Webサイト内のクリック数(内部リンク・外部リンク)をカウントする事が出来るようになります。

今回は、Googleタグマネージャーを使って、サイト内のクリックを測定する方法について解説していきます。

Googleタグマネージャーを使ってクリック数をカウントする手順

「Googleタグマネージャー」とは、様々なツールのタグを一元管理できる無料ツールで、サイト内のクリック数(内部リンク・外部リンク)をカウントする事ができます。

「Googleタグマネージャー」のアカウント登録方法は以下のページで詳しく解説しています。

クリックの測定対象を決める

今回はこのツールを使って、ランディングページへ移動するクリック数を測定してみたいと思います。

測定対象となる場所は、メインメニュー・トップページのオレンジのボタンの2ヶ所です。

ランディングページの作り方は、以下の記事を参考にして下さい。

 

Googleタグマネージャーでタグ、トリガーを設定する

Googleタグマネージャーで「タグ」と「トリガー」の設定を行います。Googleタグマネージャーの管理画面からタグの設定を行います。

以下のリンクをクリックしてログインして下さい。

https://marketingplatform.google.com/intl/ja_ALL/about/tag-manager/

管理画面のコンテナをクリックします。

選択したコンテナの管理画面が表示されたら、「新しいタグ」をクリックします。

タグの設定という部分をクリックします。

タグタイプの選択というメニュー項目が出現しますので、「Googleアナリティクス・ユニバーサルアナリティクス」を選択します。

タグの設定

タグの詳細設定画面が表示されますので、①「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックを入れ、②タグを設置するサイトのGoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力します。

③タグの名称については、管理しやすい名称に変更しておけば良いです(任意)。

トリガー設定

トリガーを設定します。トリガーをクリックして下さい。

次に、「All Pages」にチェックを入れ、「追加」をクリックします。

以下のようにトリガーを設定したら、画面右上の「保存」ボタンをクリックします。

以上でGoogleタグマネージャーのタグの追加は完了です。

動作テストをしてみる

タグを追加したら、きちんとタグを読み取るか動作テストをしてみます。

画面右上に「プレビュー」と「公開」というボタンが並んでいますが、タグを認識するか確認したいでプレビューをクリックします。

以下のようオレンジ色で「プレビュー中のワークスペース」と表示されたらプレビュー表示が稼働しているので、アナリティクスの解析タグを設置してあるサイトにアクセスしてみます。

以下のように、ウェブサイトの画面下にGoogleタグマネージャーの管理画面のようなものが表示されていればプレビューモードで動いている証拠です。

上記赤枠内に、「Tags Fired On This Page」という項目があり、その下に「test用のタグ:Googleアナリティクス・ユニバーサルタグ」と表示されていますが、これは先程作成したタグがきちんと測定できているという事が確認できます。

Tags Fired On This Page という項目に表示されていない場合

「Tags Fired On This Page」という項目に作成したタグが表示されておらず、「Tags Not Fired On This Page」という項目に入っている場合、タグがきちんと設定されていないという事なので、その場合、もう一度タグの設定をみなす必要があります。

動作を確認できたら公開

無事に動いていることが確認できたら、いよいよ「公開」です。これでGoogleアナリティクスとの連携が完了です!

 

測定ヶ所のクリック数調査

GoogleタグマネージャーとGoogleアナリティクスとの連携を確認したら、クリック数を測定する流れについて解説します。

トリガーの追加

Googleタグマネージャの管理画面の左側にあるメニュー「トリガー」をクリックし、「新規」をクリックします。

「詳細」をクリックします。

「トリガーのタイプを選択」というメニューが表示されますので、「リンクのみ」を選択します。

測定対象となるURLの設定

トリガータイプを「リンクのみ」を選択後、測定対象となるURLを入力します。

「イベント発生時にこれらすべての条件がtrueの場合にこのトリガーを配信します。」と記載されている下に、以下のようにURLを入力していきます。

  • Click URL:測定対象となるURLを入力します。真ん中の項目は「等しい」を選択し、右の入力欄に測定対象となるURLを入力します。
  • Page URL:測定対象となるWebサイトのURLを入力します。真ん中の項目に「含む」を選択し、入力欄に測定対象となるサイトURLを入力します。「https://create-express.net」を含む全ての下層ページのクリックを測定するため、「含む」という条件を入力します。

以上の設定が完了したら、トリガーを保存します。

タグの追加(修正)

トリガーを追加したら、タグを追加します。

先程、テスト用で設定したタグを修正する形で解説していきます。タグを新規に作成したいという方は、設定方法は殆ど変わらないのでご安心下さい。

クリックします。

次に、ペンのアイコンをクリックします。

カテゴリ・アクション・ラベルの設定

タグのカテゴリ、アクション、ラベルを設定します。①トラッキングタイプで「イベント」を選択すると、カテゴリ、アクション、ラベル、値などといった設定項目が出現します。

各項目の解説は以下のとおりです。

  1. トラッキングタイプ:「イベント」を選択します。
  2. カテゴリ:イベントが発生している場所を示します。管理しやすいように、今回は「LP」と入力します。
  3. アクション:クリックされた時にGoogleアナリティクスで表示されますので、分かりやすいように「click-LP」と入力しておきます。
  4. ラベル:どのページからクリックをしたのかを取得するため、「 {{Page URL}} 」と入力します。
  5. 値:「1」と入力します。
  6. 非インタラクションヒット:「偽」のままにしておきます

非インタラクションヒットとは、クリックしが発生しても直帰とみなさないようにするかどうかの設定です(直帰率に影響します)。「真」に設定するとクリックが発生した際に直帰とみなされますが、「偽」にしておくとクリックが発生しても直帰になりません。

「真」にするか、「偽」にするかはクリックの測定目的に沿って適宜、設定を変更して下さい。

今回の例では、内部リンクのクリックを測定してる為、「真」にしてしまうと直帰(離脱)としてカウントされてしまい、サイト全体の直帰率の測定に影響を及ぼしてしまう為、「偽」に設定し、直帰とみなされないようにしました。

全て設定したら、画面右上にある「保存」をクリックし、設定を保存して下さい。

プレビューで動作確認

プレビューで動作しているか確認してみます。

先程設定したカテゴリ、アクション、ラベル等が取得できている事が確認できます。

 

まとめ

以上、Googleタグマネージャーを使って、クリック数をカウントする方法について解説しました。

今回は、Webサイト内のランディングページのURLのクリック数をカウントする設定を行いましたが、アフィリエイトリンクなどにも使えますので、サイト内のリンクがどれぐらいクリックされているのか知りたい方は、Googleタグマネージャーを使って、測定してみて下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました