【Googleアナリティクス】QRコードをクリックした時のクリック数をカウントする方法

Google Analytics

ウェブサイトやブログのアクセス流入を調べる際、オンラインであればGoogleアナリティクスを使えば簡単に測定できますが、オフラインで商品・サービスを告知するような場合、反応率を測定するのはなかなか難しいところがあります。

しかし、QRコードを使えば、オフライン経由でのアクセス数をカウントする事が出来るようになります。

DM、フライヤー、名刺など、オフラインからのアクセス流入は色々ありますが、QRコードを使う事により、どこからアクセス流入があったのかを調べる事が出来るのです。

今回は、QRコード経由のアクセスをGoogleアナリティクスでカウントする方法について解説します。

GoogleアナリティクスでQRコード経由のアクセス流入を測定する手順

QRコード経由のアクセスをGoogleアナリティクスで測定するには、

  1. 誘導したいURLのアクセスをカウントするため、パラメータをつける
  2. パラメータを付いたURLのQRコードを作成する
  3. GoogleアナリティクスでQRコードからの流入を確認する

という手順で測定する必要があります。

 

誘導したいURLのアクセスをカウントするため、URLにパラメータをつける

最初に、QRコード経由でアクセスを誘導したいURLにパラメータをつける必要があります。

パラメータとは変数の事で、URLの末尾に追加する文字列のコードの事をいいます。パラメータを追加する事により、Googleアナリティクスで「ユーザーがどのような経路でWebページにアクセスしてきたか?」という事が測定できるようになります。

パラメータの作成

それでは早速、パラメータを作成していきましょう。

アクセス解析で使用するパラメータはGoogleアナリティクスで用意されているものを利用します。以下のリンクをクリックして下さい。

URL builders - Analytics Help
Generate custom campaign parameters for your advertising URLs.You can add parameters (such as utm_source, utm_medium, and utm_campaign) to a URL to capture repo...

「URL作成ツール」というページが表示されますので、ページ中ほどにある「GoogleアナリティクスキャンペーンURL作成ツール」というリンクをクリックして下さい。

「Campaign URL Builder」でパラメータ作成

「Campaign URL Builder」というページが表示されますので、ここでパラメータを設定します。

各設定項目の解説

  1. Website URL:QRコードで誘導したいリンク先のURLを入力します。
  2. Campaign Source:アクセス元の任意の名称を入力します(管理しやすい名称にすると良いです。今回は「qr-cord」としました)。
  3. Campaign Medium:アクセス元の任意の媒体名を入力します(こちらも管理しやすいように「dm」としました)。
  4. Campaign Name:任意のキャンペーン名を入力します。
  5. リンク:パラメータが付与されたURLが発行されます。
  6. Copy URL:クリックすると、発行されたURLをコピーする事ができます。

 

QRコードの作成

パラメータ付のURLが発行されたら、QRコードを作成します。

QRコード作成のウェブツールは色々ありますが、使いやすくてQRコードのカスタマイズもできる以下のサービスを利用したいと思います。

URLのQRコード作成【無料】
URL(ホームページのアドレス)でQRコードを作成します。URLの実在チェックも行いますので入力ミスによる間違ったQRコード作成を軽減できます。

上記リンクをクリックして下さい。

クリックすると以下のような画面が表示されますので、①パラメータが付与されたURLを貼り付け、②「URLチェック&QR作成 実行」をクリックします。

QRコードをカスタマイズしたい方は、オプションを設定して下さい。

以下のようにQRコードが発行されますので、「ダウンロード」をクリックし、DM等の印刷時に使用して下さい。

 

GoogleアナリティクスでQRコードからの流入を確認する

パラメータがきちんと認識できているか確認してみましょう。

Googleアナリティクスにログインし、

集客>すべてのトラフィック>参照元 / メディア を選択します。

Redirecting...

「参照元/メディア」の項目に、「qr-code/dm」という項目が確認できました。これで、QRコード経由でのセッション数、直帰率、コンバージョン率などをカウントできるようになります。

図を見て頂ければわかる通り、パラメータを付与されたURL経由でのアクセスは、「Campaign Source/Campaign Medium」というように表示されます。

今回は以下のように設定したため、「qr-code/dm」というように表示されました。

  • Campaign Source:qr-code
  • Campaign Medium:dm

 

まとめ

以上、QRコードからのアクセス数をカウントする方法について解説しました。

パラメータを付ける事により、オフライン経由でのアクセスもカウントする事ができるようになりますので、オフラインでキャンペーンを行う際は、QRコードを活用して、アクセスデータ測定してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
Google Analytics
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る